倉敷市、岡山市南区、総社市の外壁塗装・屋根塗装、サイディングの張替え、防水工事などの外装リフォームは街の外壁塗装やさん倉敷店へ。

外壁の塗り替えなら街の外壁塗装やさん倉敷店

街の外壁塗装やさん倉敷店

〒701-0111

岡山県倉敷市上東949-1

TEL:0120-106-333

FAX:086-464-3455

おかげさまで倉敷市、岡山市南区や総社市で多くの外壁の塗り替えご検討中のお客様に選ばれています
お問い合わせ 点検・調査・お見積り・ご相談など無料で承ります!

お電話でのお問い合わせ

phone0120-106-333

[電話受付時間] 8時~18時まで受付中

メールでのお問い合わせ

久しぶりに見たむちゃくちゃな施工事例 木部に吹き付けは剥離する


この状態では塗装不可能です

破風剥離
軒天剥離

倉敷市中庄K様より連休中にお問い合わせがあり、訪問させて頂きました。相談内容は軒の塗装が捲れているので、何とか補修出来ないか?との相談でした。お客様の話だと、数年前に太陽光の訪問販売の方が来て、安価にするから塗装も見積もりさせて欲しいと言われ、施工をお願いしたとの事でした。施工完了から2年後に今回の不具合が見つかり、施工業者に問い合わせすると『雨漏りでもしてるんでしょう、見積もりに行きますよ』との返事が返ってきたようです(泣)

さすがにお客様も、そういう問題ではない、ちゃんと直して欲しいと伝えたらしいのですが、のらりくらり交わされ、それ以上取り合おうとはしなかったようです。お客様もしびれを切らせ、弊社に連絡がありました。

調査開始からまず目に飛び込んで来たのは、破風板の吹き付け捲れ(一枚面の画像)お客様にこれですが?って尋ねたら、軒もよく見てよ・・・・・。ガチョーン・・・・この剥離ですか?酷い感じですね。

 

破風をよく見てみると、木製下地、軒天もべニヤで木製下地。通常吹き付け塗装の下地には、ケイカル板が使用されるか、窯業系の下地が多く採用されています。

 

木部に塗装する場合は、スティンとか浸透性の塗料だと、剥離のリスクは少なくてすみますが、今回のような膜厚(スキン・リシン)のような塗膜に厚みがある塗料を、木部に塗装した場合は、剥離するリスクがかなり高くなります。木部は通常の建材と違い、木目(導管)があり呼吸しています。そこを塞いでしまうと呼吸できなくなり、塗膜を押し上げ捲らせてしまいます。

ちゃんとした塗装業者であれば、これは常識的に知っていると思います。

前置きはともかく、お客様的には何とか補修して欲しいとの事ですが、これは僕の技術をもってしても無理。軒と破風・鼻隠しを全て剥離するには、膨大なコストがかかります。お客様には、ほんと申し訳ありませんが、今回の工事はお断りさせて頂きました。大工さんにでも相談して、何か貼ってもらうしか方法は無いと思いますとお伝えしました。

あの時、工事をしていなければ、ここまで酷い事にはなってなかったでしょう。お客様も素人ですから、木部に吹き付けしたら剥離するという認識は無かったと思います。

心ない業者に憤りを感じました。

 

 

 

 

 

倉敷市、岡山市南区、総社市やその周辺のエリア、その他地域で外壁・屋根の塗り替え、リフォーム前の無料点検をお考えの方へ

住まいの塗り替え、リフォームの点検、お見積りなら街の外壁塗装やさん倉敷店

ご不明点やご相談など塗装のことなら
何でもお問い合わせください。
お電話でのお問い合わせ 8時~18時まで受付中
phone0120-106-333
外壁の塗り替えに関するご相談は街の外壁塗装やさん倉敷店に